矯正歯科での矯正ってどういう手法がある?痛い?

考える男性

矯正歯科は、歯並びや嚙み合わせを正常な状態に回復させることを目的とした歯科診療の一種です。
かつては、八重歯や乱杭歯といった特有の症状を対象とした子供向けの治療というイメージが持たれがちでした。
現在では様々なメリットを享受できることが認識されたために、大人になってからコンプレックスを解消するために施術を受ける人も少なくはありません。
なお、矯正歯科といえば歯を金属製のワイヤーで固定する手法が広く知られていますが、これ以外にも様々な種類があり、一人ひとりの歯の大きさや状況、上下のバランスに合わせて適切なものを選択する事が出来ます。

まず、最も一般的なのが歯の裏側に金属製のブラケットを装着する矯正歯科治療です。
この方法は非常に丈夫なうえに、他の装置と比較すると費用が安いのでコストパフォーマンスという点が一番のメリットです。
ただし、装置が銀色のために目立ってしまい、誰にも知られることなくコンプレックスを解消したいという人には向いていません。

この金属製のブラケット矯正のデメリットを改善したのが、白や透明色などの目立たない装置を用いる審美ブラケットです。
さらに、この方法は非金属製のブラケットを使用するので金属アレルギーの心配がないという点もメリットとなっています。
一方、金属製のブラケット矯正と比較すると強度がやや弱いということと、値段が高いという点がデメリットです。
また、いくら目立たないといっても歯の表側に装着するので、全く気付かれないというわけにも行きません。

このような問題を改善したのが、歯の裏側にブラケットを装着するという矯正治療です。
この方法であれば、周囲の人から気づかれる可能性はかなり低くなります。
しかも、虫歯になりやすい特性を持つ歯の裏側を常に保護しているので、虫歯予防というメリットも期待できます。

一方、この方法のデメリットは表側矯正よりも費用が掛かるという事で、特殊な技術を必要とするという事も重要なポイントです。
つまり、施術を行う人のテクニックにより仕上がりに差が生じるという事で、クリニック選びが成功の鍵を握る事になります。

ちなみに、ワイヤーやブラケットを使わないマウスピース矯正であれば、医師の技術力により左右される心配はないので、クリニック選びに自信がないという人でも大丈夫です。
ただし、このマウスピース矯正にも治療できる範囲が狭いというデメリットがあります。

このマウスピース矯正のデメリットに対応しているのが、ハイブリッド矯正という方法です。
これは、矯正器具を用いた部分矯正とセラミック矯正を組み合わせた方法で、両方の良さを兼ね備えているのがメリットとなっています。